「おたまでペンキ」かけて70歳女が逮捕 元近隣住民への「7年間のかたき」に騒然

7年間も恨んでいたとは、一体どんなひどいことをされたというのか。

社会

2018/10/11 16:30

ペンキ
(MileA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

千葉県警館山署は10日、以前住んでいた自宅周辺の民家や車などにペンキをかけたとして、建造物損壊と器物損壊の疑いで、同県鴨川市在住の無職の女(70)を逮捕したと発表。

強い執念を感じさせる女の行動に、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

 

■油性ペンキで壁や車汚す

産経ニュース」によると、逮捕容疑は8月1日午後11時20分から50分頃。館山市の無職男性(74)の自宅の外壁や車のボンネットなどに、一斗缶に入った赤色の油性ペンキをおたまを使って投げかけ、損壊させた疑いがある。その被害額は132万円にも及ぶという。

なお、女は以前、男性宅の近くに住んでおり、警察の取り調べに対し、男性夫婦に嫌がらせを受けていたことを主張した上で、そして「7年間のかたきをとりました」などと話しているという。

 

■驚きの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では女の執念や、その行動に驚く人が続出。

・すごい執念やな

 

・忠臣蔵の仇討ちのようなものかな?

 

・7年間のかたき

 

・年寄りなのに元気だな

次ページ
■「どんな嫌がらせを?」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ