踏切内で電車と接触した75歳男性 その発言に「老害でしかない」と厳しい声も

遮断器のおりた踏切や赤信号は渡ってはいけないと、子供の頃に習ったはずだが…。

社会

2018/10/12 15:30

踏切
(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

12日午前6時過ぎ、兵庫県内で75歳の男性が線路内で電車と接触し、右肘に軽傷を負う事故が発生。「不幸中の幸い」と思いきや、事故が起こった経緯と男性の発言に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。



 

■「渡りきれる」と思って線路内に侵入

神戸新聞によると、事故が起こったのは兵庫県宝塚市のJR宝塚線中山寺から宝塚間の踏切。遮断棒が降りていたものの、男性はそれをくぐって踏切に入り、新三田発京都行き普通電車と接触してしまったという。

警察に対し、男性は「渡りきれると思った」などと話しているそうで、この事故でこの事故で宝塚線などの計10本が最大約1時間遅れ、25本が部分運休するなど、約2万4千人に影響した。


関連記事:山里亮太、エレベーターで「開」ボタン押す人に怒り その理由に共感相次ぐ

 

「陸上選手じゃないんだし」

この報道に対し、ネット上では「ほんま迷惑」「陸上選手じゃないんだし」などの声が相次ぐことに。

・遮断機が降りたら『止まる』って習わんかったか?


・ほんっま迷惑


・陸上選手じゃないんだから…朝から人に迷惑かけるのやめてくれ


・年齢がいくと自分で思っているより歩くスピードが落ちていたりする。あまり過信しない方が良いです

次ページ
■「老害でしかない」の声も