「手話」で耳の不自由な女性を脅した暴力団組長 逮捕もその背景に様々な声

「わざわざ勉強したのかと」などの声も。

社会

2018/10/12 16:30

入れ墨
(justtscott/iStock/Getty Images Plus)

警視庁は10日、耳の不自由な女性を手話で脅し、必要のない書類を無理やり書かせたとして暴力団組長の男(54)ら3人を逮捕したと発表。

犯行の手口、そして逮捕された組長の背景に、ネット上では怒りと嘆きの声が相次いでいる。


 

■手話で脅す その理由は

報道によると、逮捕されたのは男とその妻らの3人。逮捕容疑は去年6月、耳の不自由な女性を脅して、「約束書」と題する文書などを無理やり書かせた疑いがある。

事件の流れはこうだ。まず、男らはろうあ者同士が生活を支援し合うグループに入り込み、そこで知り合ったとみられる男性(82)と同居することに。そして、年金などを管理、流用していたという。

しかし、それに気付いた女性が男性を説得し、区の施設に移動させたことで、トラブルに発展。女性を呼び出し、「男性を帰すことを約束します」などと紙に書くよう手話で脅したそうだ。

なお、逮捕された男も耳が不自由で、手話での脅しはそのためだった模様だ。


 

■怒りの声相次ぐ

人の年金を勝手に使ったり、人を脅すのは、当然ながら許されない行為だ。報道を受け、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

・ほんと、人として最低だな


・う〜ん……てなる事件やな


・どうしようもないね

次ページ
■「勉強したのかと」

あなたにオススメ