顔見知り程度のお婆さん 働き続ける女性に放った「お説教」に怒りの声

顔見知り程度のお婆さんから「キツいお節介」。その内容に同情の声が寄せられている

話題

2018/10/14 16:00

 

■「ほっとけ!」と同情の声

こちらの投稿には、センシティブな問題について、一方的にお節介を焼いてくる高齢女性に対する怒りの声が殺到。また、投稿者への同情の声も多く寄せられている。

・やだぁ~汗 なんかやだぁ~(泣)主さん傷つく必要ないですよ


・ほっとけほっとけ! お節介婆さんの言う事なんて気にしない


・そんなん、よく言われるよ~。あはは、そーですねーこればっかりは授かりものですからね〜で流しとけばいいんだよ。一々相手にしてたらキリないよ


・姑に代わって物言ってくれるなら、こちらも嫁に代わって物言っていいのかなw


余計なお節介は「まともに相手をしないほうがいい」といった声が、多くの共感を得ている。中には、「こちらも嫁に代わって言わせてもらいたい!」と怒りをあらわにするユーザーも。


関連記事:上原多香子、再婚と妊娠で「念願の子供」 TENNさんの遺書に「あまりにも残酷」と騒然

 

■子供を望まない人も一定数存在

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,358名を対象に「自分の子供は何人欲しいか」調査を実施したところ、「0人」と回答した人は、男性が16.5%、女性では21.2%という結果に。

子供

男女ともに「2人」と答えた人が最も多かったものの、子供を望まない人も一定数存在することが伺える。

女性は妊娠・出産のために一定期間休職しなくてはならず、子供を作る時期について慎重になる人が少なくない。非常にデリケートな問題でもあり、部外者にはそっとしておいてほしいものである。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、姉のダウン症を絶対に隠さない理由 毒舌一家のポリシーに称賛

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)