林修先生も初耳の「ダイエットの新事実」が話題 何気なく噛んでいる食べ物で効率アップ?

効率よくダイエットできる方法が判明

ダイエット
(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus)

痩せようと決意を固めてダイエットを始めるが、なかなか結果が出ず心が折れそうになった経験をした人は多いだろう。14日に放送された『林先生が驚く初耳学!』では、ダイエットの効率をアップする方法が紹介されて話題になっている。



 

■ガムを噛んで効率アップ

それは、運動中にガムを噛むこと。林先生も初耳だったこの事実について、専門家は「ポイントになるのは筋肉の活動量です。ガムを噛む事によって活性化した脳から全身の筋肉に『もっと活動するように』と指示がでる」と解説。

消費カロリーが増えることでダイエット効果が見込めるということが初耳ポイントだ。番組では実際に20~40代の女性であご、太もも、すね、ふくらはぎの運動量を調べると「ガムあり」のときのほうが増加傾向にあることがわかった。


関連記事:Sexy Zone・中島健人も新事実に衝撃 ノンオイルドレッシングはダイエットに無意味?

 

■ガムを噛みながら運動しよう

ネットでは興味をもつ人が続出している。


■若い女性はダイエット志向が強い

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,342名を対象に「女性のダイエット」について調査を実施したところ、20代女性の4割以上が「女性はダイエットすべきだ」と回答。

各年代とも女性はダイエット志向が強い傾向にある。周囲は太っていると思わなくても自分の体型はどうしても気になってしまうもの。気になり、ダイエットを始めてみても長続きしないことや上手くいっても体型を維持できなかったりと悩みは多い。

ダイエットが効率良くできずに悩んでいる人は、ガムを噛みながら運動することを実践してみるといいかもしれない。

・合わせて読みたい→肥満度を算出するには曖昧な指標? BMI普及の裏にある「適当すぎる新事実」が発覚

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)