大崎由希がドラムでヒップアップ 「ボディメイクに最適なエクササイズかも」

注射器、魚肉ソーセージ、謎すぎるシチュエーションに本人NGも辞さない構え!?

大崎由希

グラビアアイドルとしての活動のほか、水着姿でドラムを演奏する「グラビアドラマー」としても活躍する大崎由希ちゃんが、最新イメージDVD『GUILTY』(グラッソ)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■注射器をこすると水が…

大崎由希

12枚目となる今作は、6月に都内スタジオで撮影されたもの。

「お風呂やベッドのシーンなんかも入っていますが、ソファに注射器を挿して足こする、という謎のシーンがあるので是非観てみてほしいです。様々なシチュエーションで、様々な卑猥なポージングをお楽しみいただける作品になっております」と作品を紹介。

本人がプッシュする注射器シーンについて詳しく聞いてみると「このシーンではナース服を着ていまして、注射器の中に水が入っていて、足でこすっていると最後はピュッて水が出るという。よく考えるなぁ…と関心しました(笑)」と苦笑まじりに話してくれた。

 

■「ここ数年で最も良い」と称賛

大崎由希

とくにオススメのシーンを尋ねると「注射器のシーンも捨てがたいのですが、DVD表紙の黒いランジェリーはとってもセクシーだと思います。このパッケージはめちゃめちゃ褒められまして、このメーカーさんの中ではここ数年で一番良いジャケットって言っていただいたんですよね、お世辞も含めて(笑)」とニッコリ。

「さらにこのあとシースルーの布をかぶるんですけど、『これは見えてるんじゃないの』みたいなシーンがありますので、見ていただきたいと思います」とアピールした。

次ページ
■今後はNG!?なシーンも

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ