「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」

温泉に入った50代男性が、脳機能障害と診断される事故が発生。男性は、事故から4年が経った現在も意識が戻っていないという…

温泉
(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

2014年、北海道足寄町の温泉施設で、50代の男性客が入浴中に硫化水素中毒の疑いで意識不明となる事故が発生。

「温泉に入っただけで意識不明になった」というショッキングな事故に、インターネット上が騒然となっている。

 

■硫化水素中毒で4年間意識不明に

北海道警は、「国の安全対策を怠って事故を引き起こした」として、施設運営会社の経営者の男性を業務上過失傷害容疑で週内にも釧路地検に送検するする方針を固めたことを、『読売新聞』が報じた。

温泉の浴室で発生した硫化水素による中毒を理由に刑事責任が追求されるのは初めてとのこと。

経営者の男性は、国の安全対策を怠り、温泉の注入口を浴槽の底に設置するなどし、2014年10月、男性客を硫化水素中毒で意識不明の重体にさせた疑い。男性客は脳機能障害と診断され、事故からおよそ4年が経った現在も、意識不明の状態が続いているという。

 

■安全対策を怠れば、死に至る危険性も

問題となっている「硫化水素」とは、高濃度のものを吸い込むと頭痛や呼吸障害を起こし、死に至ることもあるのだそう。

国は、一定量の硫化水素を成分に含む温泉施設を対象に、空気中の硫化水素の濃度が基準値を超えないよう、温泉の注入口を湯面より上部に設け、空気と触れさせて薄めるなどの安全対策を定めている。

なお、経営者の男性は今年7月、事故について「ノーコメント」としているという。

次ページ
■「誰でも被害に遭う可能性がある」と騒然

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ