社内が寒すぎる「エアハラ」問題 「ハラスメントなの?」と疑問の声も

自分にとっては「寒い!」、あの人にとっては「暑い!」エアコンの設定温度の問題を「エアハラ」と呼ぶようです

話題

2018/10/17 11:30


 

■うつ病になるおそれ、とは…

温度が合わないことで、精神的なダメージを受けることも。たとえば…自分にとっては毛布を巻きつけたくなるほど寒く感じるが、暑がりの上司が室温を低く設定している。

しかし、「温度をあげてください」と言えないため我慢する。我慢したことで体調不良がつづく。その結果「人間関係に溝ができ、職場環境に適応できず二次的にうつ状態になる場合もある」そうだ。

普段のコミュニケ―ションの問題も影響しているのだろうか。


関連記事:松本人志、家事をしない妻に「やっとけよ」と怒り 「自分で洗え」とドン引きの声

 

■「ハラスメント」なのか?

「ハラスメント」とは、本来「人を困らせること」「嫌がらせ」という意味で使われる言葉。この「エアハラ」について、ネット上では「そもそも、ハラスメントなのか?」という声も多く見受けられる。

熱がり体質の人に合わせ、温度設定をしているだけで「こいつに寒さを与えてやろう」と嫌がらせで温度を下げているわけではないという見方のようだ。

しかし、実際に冷えた社内で寒さ対策をしていた際に浴びせられた言葉に「エアハラ」を訴える声も。

「ひざ掛けもせず、半袖姿で『寒い~エアハラなんですけど~』って言ってたら、正直、同情できないよね」


「自分が寒く感じるからって、エアハラ! と騒ぐのは違うよね。自分で対策しなきゃ」


「社内が寒すぎてジャケット着てたら『暑苦しいからやめろ』と言われた。あれはハラスメントだよね」


「ひざ掛けやカーディガンを椅子に置いてたら『取引先の人が出入りするのに、見栄えが悪い』といわれた。じゃあもっと温度上げろと言いたい」


各々の基礎体温も違えば、暑がり・冷え性などで体温変化も違う。また、エアコンの冷風が直撃する場所か否か、の問題もあるだろう。自身の防寒対策と、同じ環境にいる人たちとのコミュニケーション問題が課題ではないだろうか。

・合わせて読みたい→上原多香子、再婚と妊娠で「念願の子供」 TENNさんの遺書に「あまりにも残酷」と騒然

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳