福岡県・高校入学願書の性別欄廃止を発表 「制服も選べるようにしてほしい」の声も

福岡県・教育委員会は、入学願書や受検票にある性別記入欄を廃止することを発表した

地域

2018/10/18 19:00

試験中の生徒
(paylessimages/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

17日、福岡県教育委員会が「来年3月の県立高校入試から、入学願書や受検票の性別欄をなくす」と発表した。


 

■「選考に必要ない情報」

今までは、入学願書や受検票など入試までは、受験者の氏名や生年月日、出身学校などのほか、性別の欄がある。これに対して「書くことに抵抗のある生徒もいる」との理由から県教委は「選考に必要ない情報と判断した」と廃止を決めたそうだ。

1969年度の入試以降から設けられていたという性別欄だが、4年前には性別欄の様式の変更をしている。それまで「男・女」の丸づけ型だったものを記入型に改めて以来の変更だという。

一方、教員が記入する調査書(願書と一緒に提出)には、性別欄を残している。


関連記事:最多支持層は20代女子じゃない!? 「かわいいは正義」を信じているのは…

 

■「どうせなら制服も…」

この報道を受けてネット上では、「男女の比率」に対する疑問の声、「制服も好きな方を選べるようにするべき」との意見など、様々な意見が寄せられている。

「まぁ写真と名前見れば大体わかるよね。 心は別として」


「男女の比率とかは必要なことだよね? 性別はわかってるけど自分で書き込むことを廃止ってこと?」


「性別をわからなくする、っていうことではなく『書くことに抵抗のある』人への配慮でしょ? いいと思う」


「こういう取り組みは肯定派だけど、どうせなら制服も男女同じ物かスカートズボン好きな方を選べるようにしてほしい 」

次ページ
■男性のスカート、若者の一部は好意的

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ