沢田研二の「公演ドタキャン理由」に怒号 「ファンを裏切る最低の行為」

沢田研二が全国ツアーさいたまスーパーアリーナ公演を中止にした理由を明かした。

エンタメ

2018/10/19 12:30

ライブ
(bernardbodo/iStock/Getty Images Plus)

歌手の沢田研二(70)が全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を開催直前に中止した件の真相を明かした。



 

■コンサートが突如中止に

17日、さいたまスーパーアリーナで予定されていた沢田のコンサートが急きょ中止に。午後3時半の会場時間になっても入り口は閉じたままで、「契約上の問題が発生したため、中止とさせていただきます」と張り紙が張り出されていた。

会場では、スタッフがコンサートが中止になった旨を拡声器で説明。沢田の事務所は「詳しくわかる者がおらず、申し訳ありません」と話していたという。


関連記事:元「歌のお兄さん」覚醒剤使用で逮捕 「闇が深い」の声が相次ぐワケとは

 

■コンサート中止は沢田が決断

そして18日、沢田がスポーツ誌などの取材に応じ、コンサートを開催直前に中止した件の真相を明かした。

沢田は「(コンサートの中止の)責任のすべては僕本人と事務所ココロとイベンターのエニーさんの3者の責任をもって、こういう事態に至りました」と説明。ファンに謝罪した。

また、9,000人入ると聞かされていた観客が実際には7,000人だったことなどが中止理由であるとして、「僕には酷だと、それは老人虐待にも通ずることなんじゃないのって」と話した。

次ページ
■ネットでは「プロ失格」との声も