りゅうちぇる「イクメン」への持論に称賛相次ぐも「残念」の声があがるワケ

りゅうちぇるが「イクメン」という言葉に疑問つづる。共感の声が相次ぐ一方、タトゥーやメイクへの批判も…。

りゅうちぇる

タレント・りゅうちぇるが18日に自身のツイッターを更新。子育てに積極的な夫を指す「イクメン」という言葉への違和感を語り、話題になっている。



 

■「イクメン」に疑問

しらべぇ既報のとおり、りゅうちぇるといえば、同日に「イクメン オブ ザ イヤー2018」を受賞。これについて、ツイッターで「こんな僕が…嬉しすぎます!! これからも !! 家族にとって素敵なパパで居られるように 頑張りたいです!」と喜びをつづっている。

しかし、一方で受賞していながらイクメンという言葉については疑問があるようで、「イクメンという言葉が無くなるくらいパパも子育てに当たり前に向き合えて 別にパパが子育てをしてても全然驚かれないような 大切な子供を夫婦で協力して話し合いながら育てていけるといいな」と願望を語った。


関連記事:父親が育児に関わらなかったことを知った夫 「すばらしい一言」に称賛が相次ぐ

 

■「素敵な考え方」「教科書にして」

「男性が子育てすることを褒める」という風潮がおかしいと指摘するりゅうちぇる。育児に参加している男性からすれば「当たり前のことなのに」と思うだろう。

投稿を受け、ネット上では「よく言った」「尊敬する」と称賛の声が相次いだ。

「本当に素敵な考え方!! 子供の寝顔を見ながら自分も考えさせられる。頑張ろう」


「りゅうちぇるの言葉、全世界のパパに届け 教科書にして〜!」


「ほんとに、そう思います。イクメンって言葉がなくなればいいなあー。りゅうちぇるがもう新しい時代が来てるんだよっていつも表現してくれてて、ほんとに大好きです」

次ページ
■「庶民的なパパ」を求める声も…