「最も不仲な時期」 南キャン山里のしずちゃんへの仕打ちがクズすぎて視聴者ドン引き

『ゴッドタン』で南海キャンディーズ・山里亮太が過去にしずちゃんにした仕打ちが酷すぎた…

南海キャンディーズ・山里

妬み嫉みをエンターテイメントに昇華、今や多くの番組で活躍する人気者となった南海キャンディーズ・山里亮太(41)が、相方のしずちゃんこと山崎静代(39)と20日深夜放送『ゴッドタン』(テレビ東京系)に久々のコンビ出演。

山里がしずちゃんと「仲が悪かった時期」のエピソードを披露し、視聴者に衝撃を与えている。


 

■元「不仲コンビ」

2004年『M1グランプリ』準優勝で一躍スターダムに伸し上がった南キャン。とくにしずちゃんはその個性的なキャラクターがウケ、1人での仕事が激増した。

しずちゃんの活躍を目の当たりにし、嫉妬に狂った山里によってコンビ仲は最悪に。「しずちゃんへの八つ当たり」とも取れる行為を繰り返し、「不仲コンビの代表格」として名を挙げられるようになってしまう。

昨今は「コンビ史上、最も仲が良い」時期になったと山里は語っている。たわいもない会話を「初めて」したり、飲みに行く、初単独ライブを開催するなど公私ともにコンビで行動する機会が増えているのもその証拠だろう。


 

■しずちゃんへの嫌がらせ

この日の放送は『コンビ愛確かめ選手権』。コンビが過去を振り返り、テーマに沿ったお互いの「想像する思い出」がピタリと合わさるかを検証する人気企画だ。

「1番仲が悪かったころのエピソードと仲直りしたきっかけ」を尋ねられ、山里はしずちゃんが映画『フラガール』の出演を決めたころが「最も不仲」と思い返す。

しずちゃんを活躍させないよう、台本を事前に取り寄せて「しずちゃんに話を振らずに自分でオチをつける」ように準備。本番で自分が話にオチをつけ、しずちゃんには一切話を振らないようにしていたという。

この事実は知らなかったが、「山ちゃんが仕切りの時、トークの邪魔をして私に話を振らない」としずちゃんの答えも同じ。「仲直りした今は笑い話」と必死に主張する山里だったが、しずちゃんからは「まだ仲直りしていない」という異なる答えが飛び出した。

次ページ
■わかっていてもドン引き

あなたにオススメ