『イッテQ』みやぞん、カジキを一発で獲る偉業 責任者のまさかの言動に騒然

みやぞんが、イタリアの伝統漁に挑戦。まさかの展開に視聴者もネット上も熱狂!

エンタメ

2018/10/22 12:30

みやぞん
(画像はみやぞん公式Instagramのスクリーンショット)

ANZEN漫才のみやぞんを、一躍スターダムに押し上げた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。

21日放送の2時間スペシャルでは、みやぞんが船の上から巨大なカジキを銛(もり)で突くイタリアの伝統漁に挑戦。初挑戦とは思えぬ偉業を成し遂げ、多くの反響が寄せられている。

 

■紀元前から続く伝統漁に挑戦

高さ25メートルの監視台から泳ぐカジキを探し、船先端部に設けられた長さ30メートルのブリッジから銛でカジキを銛でく、イタリアの豪快な伝統漁。

みやぞんは、船長から直々にカジキ漁の指南を受けるが、船先端のブリッジは非常に足場が不安定なうえ、カジキを確実に仕留めるためには、泳ぐカジキの背ビレの後ろ、わずか30センチの範囲を狙わなくてはならなない。

暴れるカジキを引き上げる際にも危険が伴い、船長は…

「銛が突けることを(私が)確認しなければ、カジキを突かせることはできない」

 

と、あえて厳しい言葉を突きつける。

 

■船長爆睡、みやぞんがカジキを捕獲

まずは船長の手本を拝見しようと乗船するも、一向にカジキが見つからず。あまりの不漁に船長が船内で爆睡し始めてしまったロケ3日目のこと、船先端で待機していたみやぞんに、監視台のクルーから「カジキ発見」の知らせが。

さらに、「船長は(爆睡中で)間に合わない。みやぞん、お前が突いてくれ!」と指示が下り、初心者のみやぞんが船長不在の状況でカジキに挑むことに。

不漁の間も、懸命に自主練習を続けてきたみやぞん。カジキが最接近したタイミングで銛を一突きすると、クルーたちから「完璧だ、すごいぞ!」と歓声が沸き上がった。

みやぞんが仕留めたカジキが船に引き上げられるタイミングで、ようやく船長が起床。厳しい態度が一変し…

「お前は最高だ! さすが俺の弟子だ!」

 

と、誇らしげにみやぞんを称えた。

次ページ
■「漫画みたい」な展開に熱狂

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ