卓球・福原愛、29歳の現役引退決断 加藤浩次「背景考えるとジ~ンときちゃう」

『スッキリ』で卓球・福原愛選手の引退を特集し、加藤浩次も思わず「ジ~ンときちゃう」と語った…

エンタメ

2018/10/22 14:00

福原愛、石川佳純
(画像は福原愛公式Twitterのスクリーンショット)

3歳で競技開始、天才卓球少女として注目を集め、悔し涙を流す姿から「泣き虫アイちゃん」の愛称で国民に親しまれてきた福原愛(29)選手が、21日、ブログで現役引退を表明した。

22日放送『スッキリ』(日本テレビ系)では福原選手を特集し、司会の加藤浩次(49)も「ジ~ンときちゃった」と本音を吐露。視聴者からも大きな反響が起きている。


 

■これまでの福原選手

母の影響で卓球をはじめてから、競技生活26年を迎えた福原選手。世界ランキングは最高4位、五輪に4回出場し2012年にはロンドン・女子団体で銀メダルを獲得するなど、世界を舞台に活躍してきた。

2016年9月に台湾の卓球選手・江宏傑選手と結婚。生活の場を台湾に移し2017年には女児を出産、幸せな家庭を築き上げるなど、2016年のリオ五輪以降は私生活の話題が注目を集めている。


関連記事:福原遥がイメチェン まいんちゃんの初ショートヘアに「かわいすぎて逮捕される」の声

 

■引退理由は…

現役引退について福原選手はブログに以下のように綴った。

「卓球界を引っ張っていくため子育てをしながら競技を続ける必要があると思っていた。しかしこの2年間で次世代の選手が大きな成長を遂げ、日本の卓球界が盛り上がっている。私が引っ張らなくても大丈夫、後輩たちに飛躍し日本代表として頑張って欲しい」


自身が競技から離れている間に下の世代が大きく成長したことを受け、引退を決意したと明かした。

次ページ
■加藤浩次「ジ~ンときちゃう」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ