クロちゃん、余命3年宣告受けるも「まさかのツイート」をして非難殺到

安田大サーカス・クロちゃんに余命3年宣告。直径7ミリの脳動脈瘤が見つかり、涙を流す場面も…。

クロちゃん

22日放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に安田大サーカス・クロちゃんが出演。余命3年と申告され、話題になっている。

 

■直径7ミリの脳動脈瘤が見つかる

しらべぇ既報のとおり、暴飲暴食や生活習慣の悪さが指摘されてきたクロちゃん。2型糖尿病を診断され、それでも改善しない様子に「即入院レベル」と言われ、最終的には教育入院していた。その結果、余命は大幅に伸び、健康的な体を取り戻したと思われていた。

しかし、今回の放送では直径7ミリの脳動脈瘤が見つかってしまう。医師は、破裂するとくも膜下出血になり「3分の1の方が突然死する」と話した。

これを聞いたクロちゃんは「本当に僕の脳ですか?」と現実を受け止められていないよう。その様子にタレント・松嶋尚美は「アホちゃうか。ホンマに脳悪いな」とキツいツッコミを入れる。

 

■涙を浮かべて「いま死にたくない!」

「薬を飲めば治るとかじゃないんですか」と聞くクロちゃんだが、医師から「手術治療しかない」と言われてしまい落ち込んでしまう。さらに、「脳動脈瘤が見つかった状態で高血糖、高血圧、こういう状態を改善しようともしてない。明日、明後日に突然死してもおかしくない」と告げられる。

収録終了後、医師たち全員でクロちゃんを説得。これまで付き添ってきた森田豊医師から「自分でわかってます? 悪化したという状況」と訴えられると、クロちゃんは涙を浮かべながら「死にたくない、いま死にたくない!」と言うばかりだった。

次ページ
■「おはおはウサウサ」と元気にツイート

あなたにオススメ