4人死亡多重事故で青森テレビが「誤報」認める ネットでは「遺族に説明を」の声

情報が錯綜しやすい時代なだけに、メディアも、またネットユーザーも、発信の仕方に注意すべきだ。

社会

2018/10/23 13:30

飲酒運転
(Lecic/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

9月に国道101号で発生した多重事故について、青森テレビ(ATV)は22日のニュースで、9月25日に行なった放送が誤報であったことを認め、番組内で謝罪した。

ネット上ではテレビ局の報道姿勢や、それを受け止める人々の態度について、非難の声が数多くあがっている。


 

■多重事故の経緯

当サイトでも既報のとおり、事故が起こったのは9月22日午前1時頃。

つがる市の団体職員の男(32)は酒に酔った状態だったにも関わらず、制限速度50kmを大幅に超過する時速130kmで車を走行させた上で、前を走っていた夫婦が乗った車に激突。そのはずみで対向車に正面衝突し、合わせて4人の死亡者、4人の重傷者を出す、多重事故を引き起こした。


関連記事:父親の車にはねられ2歳児が死亡 「痛ましい」「未然に防げた事故」と悲しみの声

 

■誤報を認め、謝罪

朝日新聞」によると、事故に遭った4台は2台ずつ対向して走っていたが、ATVはその日の夕方のニュースで、それぞれの先頭を走っていた軽乗用車2台のどちらかの運転手が酒気帯びだった可能性があると報道。

この結果、2台のうち1台を運転していた男性(43)=死亡=が飲酒運転をしていたのではないかという誤った情報が、ネット上で拡散してしまうことに。そして昨日、25日の放送が誤報だったと認め、番組内で「おわびして訂正します。失礼いたしました」とアナウンサーが謝罪した。

次ページ
■「真相の説明」求める声

あなたにオススメ