老人ホームで入居者同士の殺人事件が発生 「80歳が62歳を刺す」に「地獄」の声

どのような揉め事があったのだろうか。

社会

2018/10/24 19:00

ナイフ
(dimid_86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

23日、熊本県宇土市にある高齢者施設で、男性入居者が別の男性入居者に腹を刺され、死亡する事件が起こった。

原因は、入居者同士のケンカ。ネット上では様々な声があがっている。



 

■80歳が62歳を刺す

TBS NEWS」によると、殺人未遂の疑いで逮捕されたのは熊本県宇土市の男(80)。23日午前、入居している軽費老人ホームの中庭で同じ施設に入居する62歳の男性の腹部を包丁で数回刺し、殺害しようとした疑いがもたれている。

入居者同士がケンカをしている」「1人は刃物を持っている」という通報があり、警察が現場に急行。逮捕に至った。取り調べに対し、男は「刺したことは間違いない」と供述しているそうで、警察はケンカの原因を調べていく予定だ。


関連記事:彼女から「子供が産めない体」と告白された男 「まさかの行動」に騒然

 

■「地獄だな」

この報道に対し、「年をとってケンカって嫌だな」「老人同士のケンカって…」などの声が。

老人同士のケンカってなんか切ないな。人間、歳を重ねて丸くなるってのは嘘なのか…


・年とってまで人間関係で苦労するなんて嫌だなぁ


・地獄だな

次ページ
■「自制がきかなくなる」との声も