追突事故を偽装して保険金480万円を詐取した男たち 「そりゃバレる」の声が出るワケ

職人たちが乗る軽自動車に、職人が乗るトラックが突っ込んだという話。

社会

2018/10/25 15:00

交通事故
(Kwangmoozaa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

佐賀県警交通指導課などは23日、交通事故を偽装して保険金約480万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで佐賀市兵庫町の男(29)ら6人を逮捕したと発表。

一見、かなり巧妙に仕組まれた事件かと思いきや、ネット上では「そりゃバレる」というツッコミも出ているようだ。

 

■6人で追突事故を偽装か

佐賀新聞LINE」によると、逮捕容疑は3月17日。6人は共謀した上で、杵島郡の国道で追突事故の状況を偽装し、警察に届け出た上で保険機構に保険金を請求。総額約480万円をだまし取った疑いがある。

6人のうち5人は、首などに1~2週間の軽傷を負ったと診断され、2~3カ月通院。その結果、治療費や慰謝料、休業損害としてそれぞれ約45万~90万円を受け取った。

この後、県警に情報提供があり、6人が事故前に事故を示し合わせた可能性が浮上。聞き取り調査の結果、うち数人が「偽装事故だった」と認めたため、逮捕に至ったという。

 

■6人中4人が「職人」

赤信号で停止していた軽乗用車に、軽トラックが追突することで偽装された今回の事故。軽自動車に4人、軽トラックに2人乗車していたのだが…

《軽自動車》

・建設業の男(33)

・とび職の男(23)

・会社員の男(22)

・建設作業員の男(20)

《軽トラ》

・契約社員の男(29)

・解体業の男(29)

 

と、6人中4人が、いわゆる「職人」と呼ばれる職種の人たちだった。

次ページ
■「職業が偏りすぎ」「そりゃバレる」

あなたにオススメ