路上で女子高生にわいせつしケガ負わせた警部補 呆れた言い分に「最低すぎる」と怒号

京都市北区の路上で女子高生が、現役警部補に押し倒されわいせつされるという事件が発生。

地域

2018/10/25 20:30

女子高校生
(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus)

京都市北区の路上で高校2年生の女子生徒(16)を押し倒して体を触り、擦り傷を負わせたとして、京都府警は25日、同区向日町署の警部補の男(34)を強制わいせつ致傷の疑いで逮捕したと発表。


 

■「体触ったが故意に倒してない」

男は8月22日午後10時ごろ、自転車を押しながら歩いていた生徒を押し倒して体を繰り返し触り、ひざとひじに5日間のケガをさせた疑いがもたれている。この生徒が悲鳴を上げて抵抗したところ、男は逃走したそうだ。

府警が周囲の防犯カメラ映像などを調べ、東容疑者が浮上。生徒と面識はなく、この日は公休だったとのこと。生徒はアルバイト先からの帰宅途中だった。

男は現在、「体を触ったのは間違いないが、故意に倒したわけではない」と述べているという。


 

■「最低すぎる」「醜い」と怒りの声

極悪非道なわいせつ行為に加え、とても正常とは思えない呆れた言い訳。これら現役警察官の行動に、「最低すぎる」「何を信じたらいいのか」と怒りの声が相次いでいる。

・市民を守るべき警官が婦女暴行とか全く意味がわからない。われわれ市民は何を信じたらいいのだろうか


・どれだけの恐怖か分かりますか? 怪我自体は軽いかもしれないけど、この先何年もふとしたことで恐怖がよみがえる。しかも警察官て。最低すぎる


・守る側がやってどうするだ! 被害者側は誰に頼ればいいんだ? 非番とはいえ自身が警察官であるという自覚をもう少し強く持ってもらいたい


・故意に倒してないってどういこと? ぶつかったってこと? 言い分が理解できないし醜い


中には、「警官の犯罪は一般人より明らかに悪質。重い罪を」と厳罰を望む声もあがっている。

次ページ
■通報に「勇気ある」と称賛の声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ