茨城県の伝説『あらいやオートコーナー』 300円の自販機弁当が懐かしすぎる味

まさにレジェンド! 茨城県稲敷市のあらいやオートコーナー

グルメ

2018/10/26 09:00

■シンプルなほっとする味の弁当

購入した焼肉弁当の内容は、国産豚の焼肉と昆布、ごはんというシンプルな構成だが、300円とリーズナブル。小腹が減ったときにもよさそう。

気になる味は、昔ながらの甘辛い味付けでごはんが進む。目新しい美味しさではないが、運転の疲れが吹っ飛ぶ癒し系の焼肉弁当だ。

 

■稲敷市に寄ったらぜひ

こういった店がなくなっていくのはさみしい限りだが、地域住民やオートレストランファンからも愛されている店なので、できるだけ長く続いてほしいもの。

稲敷市に行くことはあまりないかもしれないが、近くに行ったらぜひ寄ってほしいお店である。

・合わせて読みたい→東京駅に集う170種の駅弁から選ぶベスト「牛弁当」【マッキー牧元の世界味しらべぇ】

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ