島根県民は子供も伝統芸能が大好き? ニッチェ・江上「石見神楽はアンパンマンと一緒」

島根県の石見神楽が話題

神楽
(drbgaijin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全国で2番目に人口が少なく、大正時代の人口を下回るほど過疎化が進んでいる島根県。そんな状況を救うべく、25日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、島根県が特集された。

 

■島根県民は石見神楽が大好き

今回紹介されたのは、島根県の伝統芸能「石見神楽」。公演が行われるときには物凄い人混みができるという。番組は真相を確かめるため、島根県に向かうと県民は…

「石見神楽の特色は派手な衣装でテンポが速い。こちらのヤンキーはとくに神楽好きだよね。やんちゃなお兄さんは特に神楽好き。一度ハマってしまうと抜けられない」

 

「石見神村は伝統芸能であると同時に楽しみでもありますし、生きがいでもある子供から大人まで大好きです」

 

と、楽しそうに語ってくれた。

実際に見てみると、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する日本神話を題材にした「大蛇」という演目が披露された。神楽の演目は神楽の団体によって色があり様々な演目が存在している。

 

■石見神楽はアンパンマンと一緒

こども園でも子供達がお遊戯室で先生の手作りグッズを使用して石見神楽ごっこをしているほど子供にも人気があることがわかった。

VTRを見た島根県民のニッチェ・江上は…

「石見地方の人間は細胞から石見神楽が大好き。小さな頃からずっと神楽に囲まれてきたし、鬼棒とかも家にありました。石見神楽は地域の人が大体踊れて、どこでもできる」

 

と、語った。久本雅美が「幼稚園とか保育園でああやって遊んでるのを見るのは初めて」と切り出すと江上は「石見神楽はアンパンマンと一緒なんですよ。最後は必ず正義が勝つ。アンパンマンを見ずに石見神楽を見て子供達は育つ」と話した。

 

■名言が飛び出した

ネットでは江上の発言に名言だという声が目立っている。

 

■印象が薄い都道府県は?

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女676名を対象に「もっとも印象が薄い都道府県」を調査を実施。

印象

およそ4人に1人が「もっとも印象が薄い」と選んだのは、島根県。2位となったお隣の鳥取県に5ポイント近い差をつけた。

番組の放送中がきっかけで石見神楽に興味を持ち観光客が増え少しでも島根県に興味を持つ人が増えることを祈るばかりだ。

・合わせて読みたい→佐藤二朗のチャイナ服姿が悲報すぎる 橋本環奈も「その衣装、、」と困惑

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女676名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ