草間彌生と村上隆「ニセ」展覧会開催の中国に岩井志麻子苦言 「ダメと言っても通じない」

『5時に夢中!』で、中国各地で開催されていた草間彌生と村上隆のニセ展覧会について言及!

話題

2018/10/26 12:05

チャイナドレス
(Toa55/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

人気キャラクターを模したテーマパークが注目を集めるなど、ネット上で「パクリ大国」と呼ばれ、話題にあがりがちな中国。今度は世界的な美術家・草間彌生さんと村上隆さんの名を騙った「ニセ展覧会」が各地で開催された。

25日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)では同騒動に作家・岩井志麻子さん、新潮社出版部部長・中瀬ゆかりさんが言及。視聴者の注目を集めている。


 

■草間×村上の作品展?

中国各地で開催された草間・村上の展覧会で贋作が展示された疑いが24日に判明。草間・村上双方は同展覧会には全く関与しておらず、双方の代理人が主催者側に著作権侵害などの疑いで法的手続きをとることを検討している。

草間さんの代理人の話によれば、2018年4月以降に広州・上海など5か所で展覧会が開催。草間さんの個展形式や村上さんとの共同展示を謳ったものがあったという。

村上さんの作品は中国のアート市場で人気が高く、投機対象になっている。関係者によると双方名義の展示作品は「一目で偽物とわかる粗悪な作品」とのことで、刑事・民事両面での法的措置や行政処分を求めることを検討中だ。


 

■岩井と中瀬は呆れ

前代未聞の同騒動を受け、岩井さんは「(中国は)感覚が違う」と呆れ顔。「『何がイケないの? 悪いの?』って感覚の人たちに『ダメ、違反』と言ってどれだけ通用するかという問題」と苦言を呈した。

中瀬さんは、「(主催者は)『こんなん(草間と村上の奇跡のタッグ)出来たらいいな』ってのをやっただけ。せめて贋作の完成度が高ければ『すごい技術がある』となるかもしれないが堂々と粗悪品を…。まあ、ひどいですよね」と斬り捨てた。

次ページ
■視聴者も驚愕

あなたにオススメ