感動巨編! 渡辺直美の結婚ドッキリにノブコブ吉村涙のゲキ「何かあったら許さない」

『金曜★ロンドンハーツ』にて、渡辺直美が「結婚ドッキリ」に挑んだ。


 

■吉村「何かあったら許さない」

さらに彼氏から「吉村さんには本当にお世話になってるって、いつも直美から聞いてます」と振られた吉村は、「僕だけじゃなくて、みんなから愛されてる。もし何かあったときはわれわれが許しませんので」と目を光らせた。

渡辺が個室へ戻ると、続いて彼氏が席を立ち、部屋は渡辺と吉村の2人きりとなる。ここで今度は「いずれは芸人を辞めて家庭に入りたい」という渡辺の相談が始まった。

これに吉村は「いいんじゃない?」と返しつつも、何かの思いがあふれ出し始め、次第に目には光るものがたまっていく。「芸能界を引退しても(渡辺は)必要とされると思う。でも、(結婚という)違う幸せもある。いいんじゃないか」と理解を示す発言。

「(彼氏は)いい人かもしれないし、賢いのかもしれないけど、どこかバカだと思うよ。そこは直美がしっかりしないと」とアドバイスを送り、改めて「おめでとうございます」と深く頭を下げた。

しかし吉村は、目を真っ赤にして挙動が不審になってしまう。「どうしたんですか吉村さん」という渡辺の声にも応えることができず、「タバコ吸ってきます」と逃げるように席を立つのだった。


関連記事:「私も可愛く生まれたかった」 たんぽぽ川村が滝沢カレンを見て号泣した理由がツラすぎる

 

■ネタばらしで吉村はどうなる?

個室に残された渡辺も、吉村の反応に感激するあまり涙が止まらなくなってしまった。吉村が喫煙所から戻ると、改めて自分の言葉で感謝の気持ちを伝える渡辺。その間、2人は涙を流し続けていた。

「感謝を伝える」「吉村の本性をカメラにさらす」という当初の目的を達したところで、ネタばらしのフェーズへ。店の客を巻き込んで全員で中島みゆき『糸』を大合唱するという意味不明な演出を経て、壁には『ロンドンハーツ』の旗が掲げられた。

吉村はようやくドッキリだと気がつき、「どれだ! 何だ!」と声を上げる。一体どこからがドッキリだったのかを飲み込めず、「最低だよ!」と声を上げると、「ちょっと待って、ゲボ吐きそう」とうずくまってしまう。

「いつも私が『ありがとう』を伝えても、吉村さんは『うるせえ』とか『ウソだろそれ』とか言って聞いてくれない。だから今回は、私がきちんと感謝を伝えたい、っていうドッキリです」と明かすと、「難しいわ!」と絶叫。

「ロンハーのドッキリは規模が大きくなりすぎてる」と吉村が苦言を呈したところで、今回の企画はめでたく終了した。

・合わせて読みたい→コロチキ・ナダル、反社会的勢力との黒い交際にドン引き 「クロちゃんに負けず劣らずのクズ」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部