感動巨編! 渡辺直美の結婚ドッキリにノブコブ吉村涙のゲキ「何かあったら許さない」

『金曜★ロンドンハーツ』にて、渡辺直美が「結婚ドッキリ」に挑んだ。

渡辺直美

26日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日・ABC系)にて、渡辺直美が「結婚ドッキリ」に挑んだ。渡辺が兄のように慕う吉村崇(平成ノブシコブシ)にウソの結婚報告をした場合、果たして吉村はどんな反応を見せるのか。


 

■直美「感謝を伝えたい」

今回の趣旨は、通常のドッキリ企画とは若干ニュアンスが違う。ターゲットを驚かせて面白がろう、という基本ラインは押さえているものの、渡辺の主たる思いは「(吉村に)感謝の気持ちを伝えたい」というものだ。

デビュー以来、10年以上にわたって親交を深めてきた吉村とは兄妹も同然の間柄。渡辺は「(吉村は)世間のイメージがなぜかあまり良くない。それも払拭したい」のだと主張する。

そこで、渡辺に恋人ができたという設定で吉村を呼び出し、紹介することに。さらに「結婚を考えている」と伝え、「芸人を引退する」意向についても相談を持ちかける。

これによって、吉村は渡辺の将来を本気で心配して心優しい本性を現すはず。さらに、普段は感謝を伝えてもはぐらかされてしまうのだそうで、これだけ重大な話の流れでなら「ありがとう」もきちんと受け止めてもらえるだろう、というのが渡辺の狙いだ。


関連記事:吉村界人、吉岡里帆のアツさに感激? 『健康で文化的な最低限度の生活』第3話

 

■吉村に恋人の存在を報告

レストランの個室に吉村を呼び出した渡辺は、早速「彼氏ができました」と報告。相手は年下の一般男性という設定で、すでに1年ほど交際していることになっている。

すると吉村は、「(彼氏は)仕事何やってんだ? 金目当てじゃないだろうな、大丈夫か」と矢継ぎ早に言葉を繰り出す。渡辺の「(彼氏の)ご両親にもお会いしました」との報告には「えっ!」と絶句。

脳の処理が追いつかない様子で、「(話の続きは)飯を食ってからにしよう」と必死で心の整理に取りかかろうとする吉村。「長い付き合いだけど(こういう話は)初めてだな」と少しうれしそうな顔も見せた。

「話はそれで終わりじゃないんだろ?」と妙に察しのいい吉村は、「気が重い食事だな……」とぼやきながら料理を口へ運び、「父親ってこういうことなのかな」とポツリ。親身に渡辺を思う気持ちがストレートに伝わってくる映像となっていた。


■彼氏登場

「吉村さんさえ良ければ、彼を呼んでもいいですか」との提案を吉村が快諾すると、しばらくして個室にはニセ彼氏が合流。そんな彼に対し、腰を直角に曲げんばかりの体勢で深々とお辞儀を続け、吉村はまるで父親のような態度で接する。

そしていよいよ重大報告へ。「結婚しようって話になっている」「お世話になった人たちにきちんとご挨拶に行こうってことで(今日来てもらった)」と明かすと、吉村は「うーん、なるほど……結婚……」とつぶやくのが精一杯だった。

渡辺がトイレに立つと、個室は吉村と彼氏の2人きりに。ここで吉村はどうにか言葉をひねり出しながら「(交際を始めて)すぐに結婚は考えられたんですか?」などと確認を入れていく。

そして、「直美は(恋愛の)経験もあまりないですし、傷つけてほしくないなと思うんです」と彼氏に釘を刺す一言。これには視聴者も感嘆の声を上げた。

次ページ
■吉村「何かあったら許さない」

あなたにオススメ