音楽はもう「スマホで聞く」もの? ストリーミングの普及で拡大か

ストリーミングサービスが、便利すぎて…

ライフ

2018/10/28 19:30

(west/iStock/Getty Images Plus)

ワイヤレスイヤホンを耳につけて、電車などで音楽を楽しんでいる人もよく目にするようになった。彼らの大半は、スマホから音楽を聴いているのだ。

しらべぇ編集部では全国20〜60代スマホユーザーの男女918名を対象に、「音楽の楽しみ方について」の調査を実施。

「音楽は主にスマホで聴く」と答えた人は全体で27.0%と、約4人に1人もいることが判明した。この先、さらに増えていきそうだ。


 

■家にコンポがない人も多く

性年代別では、20代から30代の若い世代に多くなっている。

音楽はスマホで聴く年代別グラフ

若い人の中には、家で音楽を聴く環境がない人もいるようだ。

「家に専用のオーディオ機器とかもないので、音楽を聴く手段がスマホくらいしかない。それでも不便を感じたことはないので、音楽環境を整えようって気持ちにはこの先もならないと思う」(20代・女性)


 

■CDをよく買うアイドルファンでも

今でもCDを購入するのは、やはりアイドルファンだ。握手会などの特典目的で、CDをたくさん買う人が多い。

「僕はアイドルが好きなので、CDは家にたくさんある。ただCDを持っていながら、実際に聴くのはストリーミングで配信された音源ってことも多い。


CDから取り込む作業が面倒で。昔のカセットにダビングよりかは、ずっと簡単なはずなのに…」(30代・男性)


■ストリーミングの普及で音楽ファンも

フェスに行くような濃い音楽ファンでも、4割もの人がスマホをメインに音楽を聴いている。

音楽はスマホで聴く傾向別グラフ

音楽にこだわる人でさえスマホを利用するのは、ストリーミングサービスの普及が強く影響しているという。

「やっぱり、ストリーミングが普及しだしたのが大きい。僕の若い頃はCDウォークマンを使っていたが、途中で飽きないように替えのCDを何枚か一緒に持ち歩いていた。


それが今はスマホ1台あれば、数千万曲も持ち歩けるんだからすごい進化だと思う。しかもそれが月額1,000円前後の価格で楽しめるのだから、もうどうかしている」(40代・男性)


さらに若い世代では、「スマホ以外でどうやって音楽を聴くの?」と思っているかもしれない。

・合わせて読みたい→若者のCD離れ? 「なぜかまだCDを売っている時代」との指摘に納得の声

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代スマホユーザーの男女918名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ