人気セクシー女優がハロウィンの被害を訴え 「ただの傷害事件」と同情の声

セクシー女優の大槻ひびきが仮装した男にけがを負わされた。

大槻ひびき
(画像は大槻ひびき公式ツイッターのスクリーンショット)

人気セクシー女優の大槻ひびきが自身のツイッターで、仮装した男にけがを負わされたことを明かした。



 

 

■「誰か逮捕して」と怒りを露わに

大槻は28日、「大阪でご飯食べた帰り道、酔っ払いの男3人組に絡まれて、断り続けててたらビン投げられて破片飛んで血出た」と報告。ツイートには、流血した足の写真を添付した。

彼女にけがを負わせた3人組の男の一人は、映画『パイレーツオブカリビアン』の主人公・ジャックスパロウのコスプレをしていたという。

そして、「ちゃんと大人な対応してその場は収めたけど、あいつら誰か逮捕して」と怒りを露わにした。


関連記事:生後2ヶ月の長男に虐待容疑の男 後遺症の可能性に「絶対に許せない」と非難轟々

 

■警察に通報しなかった理由を明かす

流血被害の報告ツイートのあと、大槻は再びツイッターを更新。「けがは傷浅かったし、もう、かさぶたになってきてるから大丈夫そうだよ」と報告した。

また、「ビンの破片飛んできたとき、足に当たったけど、血出てるの気づかなくてその場を収めて、ホテルに帰ってから、けがしてたのに気づいたから通報できなかったの」と、その場で警察に通報をしなかった理由を明かした。

次ページ
■ネットでは「ただの傷害事件」と怒りの声
ツイッターコスプレハロウィン大阪ケガ傷害事件大槻ひびき
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない