男性をボコボコに痛めつけるだけで… マニアックすぎる高額アルバイトがヤバイ

Mの男性をひたすらボコボコにする「M格闘」のぶっとばしモデル。はたしてそのお金は…。

世間にはあまり実情が知られていない職業にスポットを当てる番組『給与明細』(AbemaTV)が28日に放送された。

男性を全力で痛めつけてお金を稼ぐ女性たちの「高額アルバイト」が話題になっている。


 

■「男性をどれだけイジメられるか」

給与明細
©AbemaTV

番組では、女性がひたすら男性をボコボコにする「M格闘」の映像制作現場に潜入。崖っぷちグラビアアイドルの三宿菜々が実際に挑戦することに。

映像監督からは「男性をどれだけイジメられるか。痛めつけられるほど見ている人は喜ぶ」「大げさに言えば『殺してやるぞ』っていう気持ちで」と言われ、M男優をとにかくボコボコにすることが大切だと教わり、撮影へ。キックボクシングの経験がある三宿は、順調にミット打ちをこなしていく。

しかし、やはり人を殴るのは躊躇ってしまうようで、蹴りや馬乗りになってのビンタもなかなか上手くいかない。


 

■「笑ってんじゃねえよ」とノリノリに…

給与明細
©AbemaTV

そこへ、男優歴18年、筋金入り「真正M野郎」の男優が登場し、三宿の攻撃に「うぅ…」「あぁ…」とうめき声をあげてオーバーリアクションで痛がる。

するとスイッチが入ったのか、三宿も「笑ってんじゃねえよ」と自然な言葉責めが出るように。さらには禁断の技ともいえる金的蹴りも容赦なく食らわせ、無事に撮影が終了する。

調査を終えた三宿は「最初は抵抗があったんですけど、だんだんやってるうちに申し訳なさがなくなりました。快感が出てるというか素で蹴ったりぶったりしてました」と感想を漏らす。この日のバイト代は、9時間の拘束で税金を引いて手取り10万円。たしかに高収入アルバイトであることが証明された。

ちなみに、三宿に痛めつけられたM男優の給料は2万円。「ギャラを貰えることがありがたい。こういう良い思いをして…」と喜びを語っていた。


■人には言えない性癖がある人は…

さまざまな性癖をもっている人がいるが、フェチすぎるがゆえに「誰にも言えない」という人もいるだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,347名に「性癖」について調査したところ、およそ2割が「人に言えない性癖がある」と回答した。

男女・年代別で比較したところ、全年代で男性が圧倒的に多いことが明らかとなった。


殴る女性と、殴られたい男性で成り立つフェチの世界。あなたはこの仕事をしたいと思うだろうか。

・合わせて読みたい→指原莉乃もドン引き! ブラマヨ小杉の「キモすぎる変態行動」がヤバイ

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国の20〜60代男女計1,347名

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ