子供がいる車内での喫煙は罰則!? 厳しい条例見直しに「やむなし」の声も

「子供がいる空間での全面禁煙」という提言がまとめられる方針で、非喫煙者からも様々な声が

車で喫煙
(Matthias Lindner/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

兵庫県の受動喫煙禁止条例を見直している有識者委員会が、「家の中」や「自家用車内」などの私的空間であっても、子供がいれば全面禁煙を義務付けるよう、近く県に提言する意向であることを、読売新聞が報じた。

家の中は罰則対象から外されるものの、自家用車での違反には罰則が科されるという内容に、様々な意見が寄せられている。


 

■私的空間への規制は全国初

報道によると、2013年施行の兵庫県の受動喫煙防止条例は、神奈川県に次いで全国で2番目の罰則付き条例として、公共施設での全面禁煙や面積100平方メートル超の飲食店などでの分煙を義務付けていたが、私的空間への規制はなかった。

現在報道されている、兵庫県の受動喫煙防止条例が見直される主なポイントは…

・子供がいる家や自家用車など私的空間での禁煙を義務化。自家用車での違反には罰則を科す


・公園を全面禁煙とし、違反には罰則を科す


・喫煙が可能な飲食店に子供を同伴することを禁止し、違反には罰則を科す


となっている。


 

■5年後からの見直しを規定

この条例は、社会情勢の変化に合わせ5年後に見直すよう規定されており、県の要請で昨年7月から県立尼崎総合医療センターの名誉院長をトップとする14名の有識者委員が条例の見直しを進めている。

委員は医療、飲食、宿泊、NPOなどの各業界関係者などで構成されており、11月にも提言がまとめられる見通しだという。

次ページ
■行政の介入もやむなし?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ