座間9遺体事件の被告「有料です」と質問に金銭要求 反省ない言動に「許せない」と怒号

座間9遺体事件で捕まった白石被告が記者の接見に応じ、反省の色の見えない言動を連発。

オトナ

2018/10/30 17:30

拘置所
(st_lux/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかるという衝撃的な事件の発覚から、30日で1年が経過する。

この事件で逮捕された白石隆浩被告(28)は、一部の記者の接見に応じ、反省の色の見えない言動を繰り返しているという。


 

■「本当に1年経ったなあって感じ」

白石被告は、昨年10月30日に発覚したこの事件で、男女9人に対する強盗・強制性交殺人などの罪に問われている。先週、拘置所で応じた記者への接見で、被告は「本当に1年たったなあって感じです」と語っている。

質問には終始、明るい口調で身ぶり手ぶりを交えながら答え、その一方で、事件の具体的な質問には「有料です」とし、現金などを要求してきたという。

また、被害者らを「欲求の対象」と明言し、その一方で逮捕されたことについては、「ショック」と語ったとのことだ。


関連記事:宮川大輔、祭りで運営側から露骨な忖度? 「あからさますぎ」「稀に見る酷さ」

 

■「クズ中のクズ」と怒号

大罪を犯しておきながら、反省の色を全く見せない被告の一連の言動に、ネットには「許せない」「クズ中のクズ」などと怒りのコメントが相次いだ。

・本当にクズ中のクズ。これだけ尊い命を奪っておいて、まだ自分のこと考えてるって正気の沙汰じゃない


・ショックなのは被害者とその遺族だわ。甘えたこと抜かすな!


・やっぱり頭のネジがはずれまくってる。許せない


・金銭要求してどうするつもりなの。どうせあなたが釈放されることはないよ

次ページ
■「自殺志願者の見守りを」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ