同僚女性の足広げ股間押しつけた元警部補2人に有罪 助けなしの「鬼畜宴会」に批判殺到

福岡県警留置管理課の元警部補2人が同僚女性への強制わいせつで有罪判決を受けた。

地域

2018/10/31 17:30

警察官
(Tuayai/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

職場の飲み会で同僚の女性警察官にわいせつな行為をしたとして、31日、強制わいせつ罪に問われた元警部補の男2人に執行猶予付きの有罪が言い渡された。

 

■羽交い締めにして引き倒し…

判決を言い渡されたのは、福岡県警留置管理課の元警部補、於保重信(59)、同、枝尾光博(58)両被告だ。於保被告に懲役1年4月、枝尾被告に懲役1年6月、両者ともに執行猶予3年がつけられている。

両被告は、2015年9月18日夜、二人で共謀し、福岡市内の飲食店で、於保被告が女性警察官を羽交い締めにして引き倒した後、枝尾被告が女性の両足を広げ、股間を押し当てるなどした罪に問われていた。

 

■「誰も助けてくれなかった」

弁護側は公判で、女性の両足を広げたことは認めたが、股間を押し当てた行為は否定。「冗談でやった宴会芸。セクハラではあるが、わいせつ行為とは評価できない」と無罪を主張していたそうだ。

裁判長は「股間が少なくとも2、3回は当たった」とする女性の証言を「具体的で信用できる」と指摘し、弁護側の主張を退け、「多数の男性の前で部下の女性に及んだ卑わいで悪質な犯行だ」と述べたという。

事件が起きた留置管理課の飲み会には16人が参加。女性警察官は証人尋問で、「何度も『やめてください』と叫んだのに、誰も助けてくれなかった」と話していたとのこと。

次ページ
■「感覚が狂いすぎてる」と怒りの声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ