赤ちゃんの名前人気で「律」「健」が急浮上 トップ10には「読めない」と戸惑いも

昔から存在はしていたものの、今まで名前にはあまり使われてこなかった漢字や、組み合わせの新しさが目立つ印象に。

社会

2018/11/02 15:00

佐藤健

2018年に生まれた、赤ちゃんの名前の人気ランキングが1日に発表された。

「陽葵」(読み方:ひまり、など)が女の子で3年連続でトップに輝き、男の子は「蓮」(読み方:れん、など)が2年ぶりに1位に返り咲いた一方で、急浮上したふたつの名前に注目が集まっている。



 

■「健」「律」がジャンプアップ

発表を行なったベネッセコーポレーションによると、男の子部門では「健」(昨年113位)と「律」(同190位)が、ともに47位に。

北川悦吏子が脚本を手がけ、永野芽郁が主人公を演じた朝ドラ『半分、青い。』で、佐藤健が演じた「萩尾律」の影響と見られているという。

なお、トップ10には「蓮(れん)」「樹(いつき)」「葵(あおい)」など植物や自然を連想させる漢字が多く、同社は「変化の速い時代だからこそ、しっかり根を張ってすくすくと育ってほしいという親の願いが反映されたのでは」と分析している。


関連記事:宮川大輔、祭りで運営側から露骨な忖度? 「あからさますぎ」「稀に見る酷さ」

 

■影響力に驚き

この報道に対し、ネット上では驚きの声が。

・こんなところにも半分青いの影響がwww


・佐藤健の影響力さすがじゃん!!!!


・すごい…


・大分、すごい

次ページ
■「他が読めない」との声も