坂口杏里さん、人生初の「親の七光り批判」を受ける 二世扱いに苦悩した日々も

大女優・坂口良子さんの娘の坂口杏里さんが「二世タレント」の苦しみ語る。

坂口杏里

元タレントの坂口杏里さんが2日、自身のインスタグラムを更新。「親の七光り」と言われたことを明かし、二世タレントのつらさを語った。


 

■「ただその星の下に生まれてきただけなのに」

ある人から「親の七光りじゃん、歌も下手、演技だって大根役者、何ができるの」と言われたという杏里さん。人生で初めて言われた言葉だったようで「きっと周りの友人や何百人何千人何億人もそう思ってるけど面と向かって言えないだけ」と受け止めて推測する。

そして、「ただその星の下に生まれてきただけなのに、数えきれないほどママのおかげって何度も思った」と母親で女優の坂口良子さんに感謝をしつつ、そこから事務所の力や実力勝負で勝ち上がって「坂口良子の娘」と言われなかったときは「あれ、今日ママの名前ない、嬉しい」と感じたと振り返る。


関連記事:宮川大輔、祭りで運営側から露骨な忖度? 「あからさますぎ」「稀に見る酷さ」

 

■ストレスで眉毛を全部抜いたときも…

芸能界復帰を望んでいる杏里さんだが、「芸能界に戻ったらまた『大女優の娘』ってついてまわるだろうけど、でもその星の下で産まれたんだもん」と語る。

デビュー当時の10代の頃は「二世」と扱われ悔しい思いをし、「なんで、どうして」と歯がゆい思いがあったという。ストレスも尋常じゃなかったようで、「あまりのストレスで眉毛全部抜いてたときもあった。ママに冷たく当たってた」と明かす。

しかし、歳を重ねてからは「大好きなママ、それが大女優の娘だとしても、ママのお腹から生まれて良かった」と感じられるようになったようで、「生まれ変わっても私は坂口良子の娘、ママのお腹から生まれてきたいよ」と感謝をつづった。

View this post on Instagram

昨日ある人に、親の七光りじゃん、歌も下手、演技だって大根役者、何ができるの の言葉を面と向かって言われた。 きっと周りの友人や何百人何千人何億人もそう思ってるけど面と向かって言えないだけ。 売り言葉に買い言葉だったけど、その言葉を面と向かって言われたのが初めてだったからなんて表現すればいいんだろう、 こんな言い方したくないけど、 ただその星の下に生まれてきただけなのに、数えきれないほどママのおかげって何度も思ったけど、でもそっから事務所の力や実力勝負だって自覚してたから、番組でも、坂口良子の娘ってだされなかったときはめちゃめちゃ嬉しくて、心の中で、あれ、今日ママの名前ない、嬉しい。って思った事も何回もある。 芸能界に戻ったらまた【大女優の娘】ってついてまわるだろうけど、でもその星の下で産まれたんだもん。 最初は歯がゆくて歯がゆくて悔しい、悔しいの一点張りだった。10代で芸能界始めて、なんで、どうして、って10代ながらただただ二世だのあーだこーだ言われて、ストレスも半端じゃなかったし、あの時のこと思い出したら、あまりのストレスで眉毛全部抜いてたときもあった。ママに冷たく当たってた。 けど歳を重ねるにつれて、大好きなママ、それが大女優の娘だとしても、ママのお腹から生まれて良かったって思ってるし、生まれ変わっても私は坂口良子の娘、ママのお腹から生まれてきたいよ。

A post shared by 坂口杏里 (@anridayo33) on

次ページ
■「自分らしく頑張って」「自分で台無しにした」と賛否

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ