安藤美姫、手紙でおぞましい誹謗中傷を受けた過去明かす 「怖すぎる」と衝撃走る

元フィギュアスケート選手の安藤美姫が現役時代に受け取った恐怖の手紙が話題に。

安藤美姫

10月31日放送の『戦え!スポーツ内閣』(MBSテレビ)に元フィギュアスケート選手の安藤美姫が出演。

日本からバッシングを受け、海外に拠点を移したエピソードを明かし、話題になっている。



 

■誹謗中傷の手紙が大量に…

日本の女子選手たちとは違い、ボディの凹凸が目立っていたという安藤。10代半ばからホルモンバランスが変わり女性らしい体型になっていく中、18歳のトリノ五輪でそのピークとぶつかってしまったという。

そこで初めて食事制限をし、朝はおにぎり1個、昼はブロッコリーとささみと卵焼き、夜はサラダと肉といった生活を1年続けることに。なるべく炭水化物をとらず、油も使わないなど努力したが、体型は変わらなかったようだ。

すると、当時はSNSもあまりなかった時代ゆえか「メスブタ」「デブ」「日本の恥」「死ね」と誹謗中傷が書かれた手紙が大量に送られてきたという。


関連記事:宮川大輔、祭りで運営側から露骨な忖度? 「あからさますぎ」「稀に見る酷さ」

 

■「自分の人生があって生きている」と訴える

罵詈雑言に悩んだ安藤は、自身が結果を残せなかったことは理解しつつも「なんで知らない人からこんなこと言われて、こんなにストレスためて、食事制限までしたのにって思って日本にいたくなくて海外に行ったんです」と明かす。

続けて、「一般の方に知っていただきたいのは、その後の人生がなくなってしまう場合もある。子供ができない体になってしまう。あのとき頑張ったがために」とし、「応援はすごくありがたいんですけど、私たちもスケーターになるために生まれてない。自分の人生があって生きているっていうのは忘れてないで応援してほしいなとは思う」と訴えた。

次ページ
■「メンタルもたない」「それがアスリート」