41歳息子が69歳母親をエアガンで撃って負傷させ逮捕 呆れた犯行理由に衝撃広がる

69歳の母親を41歳の息子がエアガンで狙撃…。ありえない行動に衝撃広がる

社会

2018/11/02 22:00

ショットガン
(Andrea Zangrilli/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2日、69歳の母親を全長約1メートルのエアガンで撃ち負傷させたとして、41歳の息子が逮捕されたことが判明。そのありえない行動と幼稚な動機に怒りの声が上がっている。


 

■41歳の息子が69歳母親をエアガンで撃つ

事件が発生したのは大阪府豊中市。10月28日、会社員の息子(41)が母親(69)に向け、全長約1メートルにも及ぶショットガンタイプのエアガンを発射し、負傷させたのだ。

暴挙を受けた母親は、警察に通報。警官が駆けつけると、手と背中が赤く腫れ上がっており、背中や手など10箇所以上を怪我していた。

息子が使用したショットガンタイプのエアガンは、同種のもので射程が数十メートルに達し、高い威力を持っていた様子。

身体的な痛みはもちろん、手塩にかけて育てた子にエアガンで撃たれるという事実に対する「心の痛み」も、相当なものがあっただろう。なお、この母親と息子は2人暮らしだった。


 

■動機は「口論」から…

なぜ41歳の息子はこのような暴挙に出たのか。警察の取り調べに対し男は「仕事のことで口論になって『カッ』となって撃った」などと供述。ありふれた親子喧嘩が発展し、ショットガンで母親を撃ったのだという。

しかし、いくら頭に血が上ったとしても、自分の母親をエアガンで撃とうとは思わないはず。異常な行動といわれても致し方ない。なお事件後の家宅捜索で、この息子の部屋からエアガンが複数見つかっているとのこと。

普段から攻撃的な一面を持っていたのかもしれない。

次ページ
■ネット民は怒りの声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ