おじいさんを騙したつもりが演じていたのは巡査長 詐欺の受け子を現行犯逮捕

80歳の男性から200万円を騙し取ろうとした詐欺グループの「受け子」が現行犯で逮捕された。

地域

2018/11/05 13:30

警察官
(gyro/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

先月、息子をかたり現金を巻き上げようとした詐欺師グループのひとりで、金の受け取り役「受け子」だった25歳の男を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。

駐在所の巡査長の熱演により、逮捕に至ったことが話題になっている。



 

■息子をかたり「200万円が必要」

報道によると、10月2日の午前8時25分頃、奈良県生駒市在住の80歳の男性宅に、息子を名乗る男から電話があったそうだ。

男は、友人が会社から横領した金で株を買い、それが会社にバレたとの理由で「200万円が必要だ。大阪難波駅に届けてほしい」と説明したという。


関連記事:『テラスハウス』カップルのハロウィン写真が物議 「卑猥」「完全に事後」

 

■「捕まえるぞ!」「胸がバクバク」

電話を受け、不審に思った男性は迷わず110番通報。通報を受けた警察官数名は、容疑者に気付かれないように男性宅へ集まった。普段着である上下グレーの作業着姿で駆けつけたのが、生駒台駐在所の巡査長だった。

逮捕するには、金の受け渡しとなる場所に出向かなくてはいけない。そこで、61歳の巡査長が男性のふりをして、大阪市中央区の大阪難波駅へ行くことになった。

当初は「さあ、捕まえるぞ!」と意気込んでいたものの「胸がバクバクでした」と振り返っている。

次ページ
■話し方、歩き方「おじいさん」に

この記事の画像(1枚)