家のローンを返すお金が欲しくて… 男がとった「ありえない行動」に非難相次ぐ

住宅ローンを返済するために東京メトロ銀座線で財布を盗んだ男が現行犯逮捕された。

社会

2018/11/05 18:00

満員電車
(ThaiBW/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

車や住宅ローンの返済に悩んでいる人は少なくない。「本当に返すことができるのだろうか…」と不安になることもしばしば。

そんな中、東京メトロ銀座線の車内で起こった事件が反響を呼んでいる。



 

■住宅ローンのために…

2日、同線虎ノ門駅に停車中の車内で、女子大生(22)のトートバッグから現金7,400円の入った財布を抜き取ったとして、神奈川県横浜市の会社員の男(42)が窃盗の容疑で現行犯逮捕された。

報道によれば、男はジャケットを右手に持って手元を隠しながら、左手で財布を盗んだとみられている。

男は、警察の調べに対して「家のローンがあり、お金が欲しかった」と容疑を認めているという。


関連記事:みやぞん、『24時間テレビ』で商品券を獲得 使い道に「いい人」「本末転倒」と賛否

 

■「身勝手な言い訳」「本末転倒」と非難相次ぐ

住宅ローンを支払うために及んだ身勝手な犯行に、『Yahoo!ニュース』では怒りと呆れの声が相次いでいる。

「身勝手な言い訳だな。みんな家のローンやら家賃を払っている。厳罰にして欲しい」


「じゃあ何で家のローン組むのさ? 本末転倒だろ」


「僅か7,400円で人生台無し。万引きも同じだけど、冷静になって欲しい」


「女子大生の財布でローンが、返せるはずないと思うよ」


■多くの人はお金に悩んでいる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,361名に「お金」についての意識調査を実施したところ、「お金に関しての心配をしたことがない」と答えた人はわずか1割。

ほとんどの人は何かしらの理由でお金に悩んだことがあるようだ。


犯罪に手を染めるほど困窮していたならば、なぜローンを組んでしまったのか。疑問は残るが、しっかりと罪を反省してほしい。

・合わせて読みたい→猫の排泄物まみれの部屋で40匹飼育 40代姉妹のある「性格」に非難轟々

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)