山形名物「ひっぱりうどん」がカップ麺に クオリティの高さに山形人も納得

山形人がこよなく愛す「ひっぱりうどん」が全国で発売に!

グルメ

2018/11/07 06:00

秋も半ばに入り、もうすぐ本格的な冬に。寒くなってくると、幼い頃に食べたあの懐かしくて温かい地元の料理が食べたい…なんて思う人もいるはず。山形出身の記者もそのひとり。そんなとき、朗報が入った。

山形の郷土料理「ひっぱりうどん」をイメージした『JAPAN FOOD記 山形ひっぱりうどん』(230円・税抜き)が今月5日から全国のコンビニやスーパーで発売された。


画像をもっと見る

 

■ひっぱりうどんがカップ麺に

ひっぱりうどん

山形人の記者も、寒い冬に家族で鍋を囲んでよく食べていたころを思い出してしまったと同時に、いやいや、再現は無理なんじゃないかなと。

ひっぱりうどんはその場で茹でて、うどんがつるつるの状態で、納豆やサバの入った皿にさっと入れて絡め、口に入れるおよそ10秒の動作で食べるからこその美味しさがあると思っているからだ。

商品化の嬉しさとともに、半信半疑な商品を実食してみた。


関連記事:=LOVE・大谷映美里 バイトのほろ苦エピソードは「いらっしゃいませが言えなくて…」

 

■早速、作ってみた

ひっぱりうどん

開けてみると、かやくと調味だれが入っていた。しかも、麺の色は少し茶色く、筆者がかつて実家で食べていた真っ白でつるつるなうどんと色が違う。やはりカップ麺でひっぱりうどんなど、難しいのではないだろうか。

作り方はお湯を入れ、5分で湯切りし、この2つを入れるだけと、とても簡単。調味だれを開けると、ムンムンと納豆の味がして、食欲がそそられそうだ。

次ページ
■驚きのクオリティ

この記事の画像(3枚)