木下優樹菜、子供に「コイツら」発言で物議 「怖い」「感覚がわからない」

木下優樹菜が生後7ヶ月から子供に厳しい教育をしていると明かした。

木下優樹菜

タレントの木下優樹菜が6日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)に出演。子育てに関する考え方を述べ、物議を醸している。


 

■生後7ヶ月から「普通の人間」扱い

番組には10年来の親友だという歌手の青山テルマも出演し、木下を「めちゃくちゃ良いお母さん」をベタ褒め。我が子を「子供扱い」せず、常に子供と同じ目線で話していると明かす。

すると木下は、子供であろうと生後7ヶ月からは「普通の人間として扱うんで」と語る。当人はまだ言葉をはっきり理解していないだろうが、「(生後)7カ月から『いただきますって聞こえないんだけど?』って言う」と教育しているとのこと。


関連記事:木下優樹菜、娘との買い物コーデに騒然 「自分は長袖なのに…」「これで外出?」

 

■「コイツらマジわかってる」

一方、夫の藤本敏史は「まだわかんないからしょうがないよ…」とフォローするそうだが、「『意外とコイツらマジわかってるから』って感じだから。赤ちゃん言葉が使えない」と厳しく接する理由を明かす。

木下といえば、自身のインスタグラムのプロフィールに「娘にとって最高のMAMAだ!! と思ってもらえたら他に何を言われても聞こえてこないユキナ育」と書いてあるが、生後7ヶ月であろうと厳しくしつけるのは、まさに「ユキナ育」といえるだろう。

次ページ
■「キツイ言い方」「自分の言葉遣いを…」

あなたにオススメ