ボクシング・山根明前会長の現在に騒然 「かなりヤバイ」「もう笑うしかない」

流行語大賞に「奈良判定」がノミネートされた山根明前会長。そんな山根氏の現在の肩書きは…

名刺交換
(innovatedcaptures/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

8日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、7日発表の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた30語を特集。

「奈良判定」がノミネートされたことを受けて、日本ボクシング連盟前会長・山根明氏のコメントが紹介されたのだが、現在の肩書や独特な発言に賛否両論が巻き起こっている。

 

■現在の肩書は「無冠の帝王」

ノミネートされた30語の中には、平昌五輪で話題となったカーリング女子の「そだねー」や「もぐもぐタイム」をはじめ、サッカーW杯ロシア大会での「半端ないって」などが入選。

スポーツ界からは他にも、日大アメフト部の「悪質タックル」や、日本ボクシング連盟の「奈良判定」などもノミネートされている。

また番組では「奈良判定」のノミネートについて、山根氏にインタービューを刊行。山根氏が新しく作ったという名刺が紹介され、そこには「一般社団法人・日本ボクシング連盟前会長」と記し、「無冠の帝王」という肩書で活動していることが報じられた。

 

■現在の肩書に騒然

世間を騒がせた山根氏の現在の名刺の肩書に、インターネット上は騒然。

様々な意味合いを込めて「やっぱりこの人は只者ではない」といった感想が相次いでいる。

 

次ページ
■奈良判定の入選に「気分悪い」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ