RIZIN大晦日のメイウェザー・那須川戦中止か メイウェザー側「公式戦だと同意していない」

RIZINの回答が待たれるが…。

エンタメ

2018/11/08 14:30

RIZIN
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニアが2018年11月7日(日本時間8日)、自身のインスタグラムを更新。

大晦日にさいたまスーパーアリーナで予定されている格闘技イベント「Cygames presents RIZIN.14」におけるキックボクサー那須川天心選手との対決をキャンセルする意向を発表した。

View this post on Instagram

Now that I am back on U.S. soil after a long and disappointing trip to Tokyo, I now have the time to address you, my fans and the media in regard to the upcoming event on December 31st that was recently announced. First and foremost, I want it to be clear that I, Floyd Mayweather, never agreed to an official bout with Tenshin Nasukawa. In fact (with all due respect) I have never heard of him until this recent trip to Japan. Ultimately, I was asked to participate in a 9 minute exhibition of 3 rounds with an opponent selected by the "Rizen Fighting Federation". What I was originally informed of by Brent Johnson of "One Entertainment" was that this was to be an exhibition put on for a small group of wealthy spectators for a very large fee. This exhibition was previously arranged as a "Special Bout" purely for entertainment purposes with no intentions of being represented as an official fight card nor televised worldwide. Once I arrived to the press conference, my team and I were completely derailed by the new direction this event was going and we should have put a stop to it immediately. I want to sincerely apologize to my fans for the very misleading information that was announced during this press conference and I can assure you that I too was completely blindsided by the arrangements that were being made without my consent nor approval. For the sake of the several fans and attendees that flew in from all parts of the world to attend this past press conference, I was hesitant to create a huge disturbance by combating what was being said and for that I am truly sorry. I am a retired boxer that earns an unprecedented amount of money, globally, for appearances, speaking engagements and occasional small exhibitions.

A post shared by Floyd Mayweather (@floydmayweather) on

メイウェザーは「来日時点では非常に高額なファイトマネーで、少数の裕福な観客向けに娯楽目的で行われるエキシビジョンマッチという話だった」とし、「世界中でテレビ放映される公式戦だということには一度も同意していない」と主張している。

 

■突然の中止にファンは半信半疑

ツイッターなどのネット上では今回の対戦中止騒動に残念だという声と、これも含めてのプロモーションではないかと予想する声が半々のようだ。

「なんやねん。メイウェザーvs那須川中止かい。なんやねん。 まぁ普通にありえないマッチングだったけど。だったけどさ。 ちくしょー」

 

「まぁこんなこったろうと思ったよ。世界で一番金を稼ぐボクサーであるメイウェザーが、世界的に無名の日本人とやる理由が無いからね。猪木vsアリの時もアリ側からめちゃくちゃなルール突き付けられたらしいから。そもそもガチでやるつもりなんてなかったんだよ」

 

「口頭じゃなく本当に契約書交わしていたなら完全アウトだよなぁ…。ギャラ引き上げのブラフなのか、それとも契約書自体が日本側の吹かしなのか」

 

「メイウェザー、聞いてないはないと思うけどな 見る側も残念やけど、それ以上に那須川さんが残念やろうな」

 

■RIZIN事務局のコメントが待たれる

メイウェザーのイベント参加中止の意向を受けRIZIN事務局は「現在、事実関係を確認中」とし、対戦の中止か続行かについては明言していない。平成最後の大みそかを飾る一大イベントの開催について、今後の発表に注目が集まるところだ。

この対戦を楽しみにチケットを購入した格闘技ファンも多い。ファンの期待を裏切るような結果にならないことが望まれる。

・合わせて読みたい→【紅白vs裏番組】年末年始のテレビに飽きているのは女性と高齢者?

(文/しらべぇ編集部・momoya

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ