BTS、原爆TシャツでMステ出演中止 「Tシャツごとき」不満の声に非難殺到

韓国の人気グループ「BTS」(防弾少年団)が『Mステ』の出演中止。原爆投下Tシャツの問題に、ネット上が騒然。

9日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、韓国の7人組ヒップホップグループ「BTS」(防弾少年団)の出演を見送ったことがわかった。8日に公式サイトで発表された。

放送前日にキャンセルになるという異例の事態に、ネット上は騒然としている。


 

■原爆投下Tシャツが物議

同サイトでは、「11月2日に予告しましたBTSの11月9日放送回でのご出演を今回は見送らせて頂くことになりました」と報告。

同グループをめぐっては、原爆投下を肯定するかのようなTシャツを着た写真が問題視されて波紋を呼んでいたが、「番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました」とつづっている。

問題視されたTシャツはキノコ雲の写真や、人々が万歳をする写真がプリントされていた。


 

■「ショックすぎる」「許せない」

同グループといえば、13日の東京ドーム公演から全国4大ドームツアーを行うなど、日本でもその人気は凄まじい。それだけに、今回の出演キャンセルについてもファンの間では「残念」の声があがる。

しかし、原爆投下という問題だけに、ツイッターや『ガールズちゃんねる』では「キャンセルになって当然」「当たり前」といった声が目立つ。

「信じて待っていてくれてるファンの方の為にも説明をし、謝罪をすべきだと私は思います」


「BTSは好きだけど、原爆Tシャツで謝罪がないのは私も許せない。だから、仕方ない」


「朝から吐きそう…気分が悪い BTSの原爆Tシャツの件、ショックすぎる 人間として間違ってると思う。日本人として私は許せない」


■「Tシャツごとき」の声も…

一方で、一部ではあるものの、「ほんとTシャツごときでなんなの」「Tシャツのデザインくらい、そんな気にせんでもいいやん」といった声もあがっている。

こういったBTS擁護の声に、「歴史を勉強して」「本当に悲しい」と激怒するコメントも相次いだ。

「BTSが9.11を揶揄したTシャツを着たとしてアメリカは音楽番組に快く出すか? それとほぼほぼ変わらないことだよ?」


「無駄な擁護なんかしてないで悪いものは悪いと認めた方がいい 例えばだけど、9.11のワールドトレードセンターのビル炎上の写真があるTシャツ着てニューヨークを歩いてるのと同じだからな」


「原爆は誰の上にも落ちて欲しくないんだよ。韓国人の上にもアメリカ人の上にも。地球上のどこにも落ちて欲しくないんだよ。あんなにも非人道的なものはないんだよ。それを『原爆Tシャツとか別によくね?』ってなんで言えるんだよ。本当に悲しいよ。BTSよりBTSのファンがもう無理だよ」


ネット上で物議を醸した今回の一件。日本でも人気のグループだけに、複雑な思いを抱えるファンも多いだろう。BTSは、公式サイトで「今後も、よりいい音楽とステージでファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」とつづっている。

・合わせて読みたい→外国人の約2人に1人が感じた「日本に来て気になったこと」が衝撃的すぎる

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ