A応P、初のカレンダーは見どころ満載 飾るなら「寝室の天井」と仰天発言も

アイドルユニット・A応Pが初のカレンダーをリリース。メンバーにおすすめポイントを聞いてきた!

エンタメ

2018/11/09 21:00

 

■本人たちからお墨付きも堤雪菜

一方、堤雪菜はカレンダーはCDのジャケット撮影よりも「緊張せずにできた」と明かし、それによる「いい表情」を見てもらいたいと話す。飾るとしたら、寝るときと起きるときに見てほしいため寝室を選んだ。

また、広瀬ゆうきは「みんなかわいく写っていて、お家でかわいいかわいいって言っていたので」と本人も大満足の仕上がりであると紹介。飾る場所は、寝室の天井というかなり難易度の高いポジションをチョイス。

広瀬ゆうき


 

■ポスターのような使い方も

小嶋凛

小嶋凛は、メンバーそれぞれが「普段していない髪型をしているので」と見どころを語る。そして玄関に飾って、行き帰りの際に「行ってきますとただいまとかやって想像するのも楽しそうだなって思います」を笑顔で話した。

そしてラストの工藤ひなきは、写真のサイズが大きいことに触れ「メンバー一人ひとりの表情とかとても良く見えるのが、見どころです」と紹介。そのため、通常のポスター同様にリビング堂々と貼ってほしいと笑顔を浮かべた。

そんなA応Pは、10日から『3rd LIVE TOUR』が始まる。今後の活動にも注目が集まりそうだ。

工藤ひなき

・合わせて読みたい→元SKE48・石田安奈、綾瀬はるかに影響され「夢はジャッキー・チェーンと共演」

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/HIRO)

この記事の画像(18枚)

あなたにオススメ