水卜麻美アナ、女子アナの上下関係に悩み? オードリー若林「水卜ちゃんもいろいろ大変」

『犬も食わない』で日本テレビの水卜麻美アナが「先輩後輩」の悩みを吐露した…

水卜麻美
(画像は日本テレビ『スッキリ』番組公式Twitterのスクリーンショット)

オードリー・若林正恭(40)と水卜ちゃんこと水卜麻美アナ(31)が司会を務める『犬も食わない』(日本テレビ系)は、巷で巻き起こっている小競り合いをコント形式で再現する、新しいディスり合いバトル番組だ。

9日深夜は「エンジョイボスママVSレジスタンスママ」のディスり合いを放送。流れで水卜アナが先輩や上司・ボスに対しての自身の苦労をのぞかせた。


 

■ママ友の小競り合い

「ほかにやる人がいないから仕方ない」と愚痴りながらも楽しみながらボスの役割をまっとうする「エンジョイボスママ」とそれに反発する「レジスタンスママ」がディスり合う。

ママ友グループのリーダー、エンジョイボスママは、全員一丸となって「秋の保護者会」を成功させたいと意気込む。そのために「お揃いコーデ」を提案、「オフクロ」や「~母魂~」といったロゴをデザインした自作Tシャツを用意する。

これにレジスタンスママは「ママ友の馴れ合いの集大成」と猛反発。それでも「ママ友たちの踏み絵」と嫌々ながら着用、当日にTシャツにペンキ加工を施し少しだけ反旗を翻した。


 

■水卜アナは「エンジョイボス女子アナ」

このやりとりを見た若林は「レジスタンスコーナー回し」と名乗り、レジスタンスママを応援。対して水卜アナは「悪意はない」とエンジョイボスママを応援することを明かす。

これに若林は「水卜ちゃんはエンジョイボス女子アナだもんね」と納得。「ものすごい語弊がある」と慌てて否定する水卜アナに「アナウンス部でそういう立場になっていかなきゃいけない」と諭した。

次ページ
■中間管理職の苦悩

あなたにオススメ