ボケ防止に「初対面の人と会話」にマツコ猛反発 「人間関係なんてロクなことない」

マツコ・デラックスが『5時に夢中!』で「人付き合いなんてない方がいい」と持論を述べ、共感の声が続々

人間関係

2018/11/15 07:30

マツコ・デラックス

マツコ・デラックスが「人付き合いなんてない方がいい」と持論を述べ、共感の声が寄せられている。


 

■ボケ防止に「初対面の人と会話して」

12日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、夕刊フジに掲載されている男性の相談内容を紹介した。

人付き合いが苦手だという75歳・無職の男性は、かかりつけの医者に「人と交わらないとボケる」ことから、次の診察までに「最低5人、初対面の人と会話してきてください」と言われたそうだ。

現在ひとり暮らしだが、不自由はないと感じている男性にとって、この「指示」にストレスを感じているという内容だ。


 

■マツコ「ほかの体調不良が出てくる!」

「あたしらだって初対面の5人としゃべってくるなんて、なかなかじゃない?」と、人付き合いが苦手だという相談男性に限らず、大変なことであることだと理解を示し「そのストレスで何か影響出てくると思うわ」と持論を展開。

さらにマツコは「5人と話さなければ認知症になる」という恐怖を与え、無理に他人との交流を指示する医師に対して「ひどい医者よ!」と批判した。

次ページ
■「人間関係なんてロクなことない」

あなたにオススメ