ANZEN漫才あらぽん、わずか1週間のサバ缶生活で健康に! 異常値がみるみる改善

『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に、あらぽん(ANZEN漫才)が出演した。

あらぽん
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

14日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ・関西テレビ系)に、お笑い芸人のあらぽん(ANZEN漫才)が出演。1週間のサバ缶生活に挑んだ。

 

■朝サバ生活に挑戦

現在33歳のあらぽんは、現在「人生で一番太っている」という。番組で測定を行った結果、身長170センチに対して体重126.8キロの肥満体型で、体脂肪に至っては「太りすぎで測定不能」という規格外の結果をはじき出した。

さらに中性脂肪の値は、正常値が149までのところ「827」を計測。その他高血圧なども判明したあらぽんは、「40代で心筋梗塞または脳卒中になる危険性がある」と診断されてしまう。

命の危険を感じたあらぽんは、生活習慣の改善に挑むことに。朝ごはんにサバ缶を食べる、というシンプルな「朝サバ生活」を1週間実践した。ただし制限は朝のみで、昼食や夕食には「好きなものを食べていい」とされた。

 

■わずか1週間で正常値に

ANZEN漫才
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

近年「健康にいい」とブームになっているサバ缶。あらぽんはこれをさまざまなレシピでアレンジしながら1週間食べ続け、再び検査を受ける。その結果がスタジオで発表された。

すると、血圧は「152/97」から「136/84」へと正常値まで改善。さらに大幅な異常値を叩き出していた中性脂肪は、これまた正常値の範囲内となる「134」まで激減した。これにはスタジオ中がざわつく結果に。

医師によれば、中性脂肪の値は食事の影響を受けやすく、その日の食事によっても変動があるという。あらぽんのように元の数値が高ければ1週間で700程度下がることも珍しくはないが、今後も気をつけなければ数値は再び上がってしまうと警告した。

次ページ
■なぜ生ではなく缶詰なのか

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ