出し終わってからも個室に篭ってポチポチ 「トイレでスマホ民」の特徴とは

なにかと、はかどる場所。

(KittisakJirasittichai/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

いつでもどこでも、スマホがなければ落ち着かないと思っている人がたくさんいるはずだ。それがたとえトイレであっても、思いは同じだろう。

 

■3人に1人がトイレにスマホ

しらべぇ編集部では全国20〜60代スマホユーザーの男女1,093名を対象に、「スマホの利用について」の調査を実施した。

トイレにスマホを持っていくグラフ

「トイレにはスマホを持っていくほうだ」と答えた人は全体で34.0%と、約3人に1人はいることが判明した。新たなトイレのお供として、スマホが勢いを強めているのだ。

 

■若い世代に広まる「トイレにスマホ」

性年代別では、男女共に20代から30代の若い世代に多くなっている。

トイレにスマホを持っていく性年代別グラフ

スマホがないと、トイレができないとさえ思っている人も。

「スマホがないと、落ち着いてトイレができないくらい必須。とくに大きいほうのときには時間がかかるので、手持ちぶさたになるから」(20代・男性)

 

「スマホがないと、ちゃんと出ないじゃないかってくらいに不安になる。たとえ腹痛で緊急事態でも、スマホは忘れない。それくらい私にとっては、トイレとスマホは結びついている」(20代・女性)

次ページ
■トイレで本来の目的が終わった後にも…

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ