「少年A」と報じられる少年犯罪は実名報道されるべきか 男性より女性の厳しさが顕著に

少年犯罪は匿名報道が基本。しかし週刊誌やネットでは実名が明らかになるケースも。

子供
(Oat_Phawat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

少年犯罪における「実名報道」は、一筋縄ではいかない難しい問題だ。一般的には、逮捕・起訴された場合、「少年A」などと報じられるため、この言葉は広く知られ、中森明菜の2枚目のシングル『少女A』は、この少年Aをもじったものとされる。

しかし、悪質な事件の場合、「実名を出せ」といった声がインターネット上などで噴出することも多い。実際には、どれくらいの人が「少年犯罪の実名報道」を求めているのだろうか。


 

■6割が「実名報道」を希望

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、「少年犯罪も実名報道すべき」と答えたのは、全体の62.6%。

少年犯罪

男性は60.0%だったが、女性は65.2%と5ポイント以上の差をつけて、女性のほうが厳しい結果となった。


関連記事:無免許の18歳が車中飲酒で衝突炎上 同乗者死亡の惨事に「実名報道すべき」と怒号

 

■中高年男女で厳しく

この調査結果を男女・年代別で切ってみると、実名報道を希望する層も見えてきた。

少年犯罪

「実名報道すべき」と答えた割合がもっとも多かったグループは、40代女性で71.8%。女性は30代以降おしなべて7割前後と高い水準で推移している。一方で男性は、年代とともに徐々に割合が上がっていき、60代では7割に迫った。

成人してから日が浅い20代では、男女ともにもっとも低く、20代男性は唯一5割を下回っている。

次ページ
■経営層に厳しい傾向

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ