ストレスで酒におぼれる国民的美少女・工藤綾乃にマツコ苦言 「女優としての覚悟できてない」

『アウトデラックス』に国民的美少女コンテストでグランプリを獲得し、現在は女優として活躍する工藤綾乃が驚きの私生活を明かした…

エンタメ

2018/11/16 11:30

工藤綾乃
(画像はフジテレビ公式Twitterのスクリーンショット)

米倉涼子や上戸彩といった人気女優を輩出してきた『国民的美少女コンテスト』で、2009年にグランプリとモデル部門賞を史上初ダブル受賞し芸能界デビューした工藤綾乃(22)が、15日深夜放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。

13歳でデビュー後、現在は女優業をメインに活躍する彼女が「酒浸りの私生活」を告白。マツコ・デラックス(45)も思わず苦言を呈した。



 

■肩書きと現実のギャップ

グランプリ獲得、芸能界デビューはありがたかったものの、「国民的美少女の肩書きがストレス」と悩む工藤。仕事のたびにその肩書きが先行する現状で、「自分の実力が肩書きに追いついていない」ことにストレスを覚えると語る。

さらに工藤は、「自分はもともと清楚ではない」ため、国民的美少女のイメージと現実のギャップに疲れていると本音を漏らす。

「チャンスを与えてもらったのにそのチャンスを活かせなかった」、これまでの芸能活動の後悔を吐露し、そのストレスを「酒」にぶつける日々を送っていると明かした。


関連記事:ボケ防止に「初対面の人と会話」にマツコ猛反発 「人間関係なんてロクなことない」

 

■ハッピーアワーを探す日々

休日には家で飲酒したり「ハッピーアワー」を探して街に繰り出すという工藤。800円で飲み放題の居酒屋でウーロンハイを呑みながら、過去と現況を振り返る。

13歳でグランプリになり天狗になった工藤だが、その後は仕事が減りお酒に逃げるように。2時間で12杯を飲み干した彼女は「その日を何事もなかったかのように終わらせてくれる相手」と酒について熱弁。

1人カラオケでの選曲は中森明菜や山口百恵。長渕剛の『とんぼ』を熱唱しながら涙を流す姿にマツコは苦笑いを浮かべるばかりだった。

次ページ
■マツコの発言で号泣

この記事の画像(1枚)