腹痛を訴えた女性、体内を調べると… 大量の「ありえない異物」に衝撃走る

病院で腹痛を訴えた女性。レントゲンで発見されたものに驚きの声が相次ぐ。

腹痛
(krisanapong detraphiphat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

腹痛を訴える女性が病院でレントゲンを撮ったところ、そこに写っていたのは「まさかの物体」だった…。衝撃の内容に、ネット上では驚きの声が相次いでいる。


 

■女性の体内に大量の金属

DailyMailOnline』などの報道によれば、インドのマハラシュトラ州に住む女性は腹痛を訴えたことから、病院でレントゲンを撮ることになった。

するとその画像には、ボルトやナット、ヘアピン、安全ピン、リング、金属製のジッパーが大量に写っていたという。安全ピンは肺から突き出ており、胃の粘膜に穴を空けている物まであったため、彼女は緊急手術を受けることに。


関連記事:浜崎あゆみ、高級ブランド自慢に悲しみの声 「もうやめて!」「飽きたよ…」

 

■1.5キロにもおよぶ金属が…

3時間にもおよぶ手術の結果、医師は体内から貴金属を摘出することに成功。女性の体内には1.5キロもの異物が詰まっていたようだ。

なお、こういった症状は非常に珍しいようで、この病院では年間1件ほどしか見られない症状とのこと。女性は安全のために病院の監視下に置かれるという。


■驚きと心配の声が相次ぐ

年間1回ほどしか見かけない症状ということだが、本来口にしないはずの「異物」を食べてしまう症状に悩んでいる患者のことを思えば、けっして少ない割合ではないはず。

報道を受け、ネット上では「なんてことだ」「ありえない」と驚く声の他に、女性を心配する声が数多く見られた。


安全ピンが肺に突き刺さるほどの状態だったという女性。もしも、この腹痛を放置していたらと思うとゾッとする話だ。


・合わせて読みたい→坂口杏里(27)今度は「歌」で芸能界復帰目指すも… 「現在の職業」に騒然

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ