職場体験中の中学生が指を切断 事故状況に「その経験必要?」と疑問の声も

宮城県内の金属加工会社で職業体験をしていた中学生が指を切断する大怪我を負った。

社会

2018/11/16 20:30

旋盤
(PetrBonek/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

16日午前、宮城県の金属加工会社で職場体験をしていた中学2年生の男子生徒が、機械で指を切断する大けがを負う事故があった。ネットではこの事故を受け、「その経験は必要なのか?」など疑問の声が湧いている。



 

■油圧カッターで作業中に…

16日午前10時頃、宮城県利府町の金属加工会社で、中学校の2年生の男子生徒(14)が油圧カッターで作業をしていたところ、誤って左手の中指を切断。第一関節から先を切り落とす大けがを負ったという。

男子生徒は11月12日から別の男子生徒と2人で、この会社に職場体験に来ていて、事故当時は社員が隣に付き添いながら油圧カッターで金属を切断していたとのことだ。


関連記事:折れた灯籠が中1男子の腹部に直撃 凄惨な死亡事故に言葉を失う

 

■「ただただ気の毒」と悲痛の声

職業体験中の思わぬ悲劇に、ネットからは「ただただ気の毒」「不運だった」と悲痛の声があがっている。

・想像しただけで痛々しい。隣に社員が付いていた先での事故だから、これはもう不運だったとしか言いようがない


・ただただ、気の毒な事故です。失った指はもう戻らないという現実を受け入れるしかない


・この生徒さんも、まさかこんな悲劇を迎えるとは思ってもいなかっただとう。心のケアが必要になると思う


・本当にかわいそう。体験で大怪我を負うなんて本末転倒でしょ…


こうした声の中には、「もう一人もトラウマだろな」と一緒に来ていた他の生徒を気遣う声もみられた。


■「その経験必要?」と疑問の声も

一方で、油圧カッターで金属を切断するという体験について、「どういう理由で選ばれた?」「その経験必要?」と疑問の声が多くあがっている。

・体験学習で油圧カッター実技は必要なのだろうか?


・学校を出た先での事故というのは、危機管理が本来より難しい。だから大事なのは、油圧カッターをどうしても使わざるを得ない状況だったのかどうかだろう


・こういう体験より、こんな仕事もあるんだ! と発見になるような、そういう社会科見学の方がよっぽどためになると思う


・どういう理由でこの体験が選ばれたのか、学校側はそれを明確にする必要がある


中には、「そもそも職場体験は必要なの?」とそれ自体の存在意義を問う声も見られた。職場体験中の事故だけに、会社や学校の責任を問う声もあがる中、やはりその根底にある体験先の「選定理由」に疑問を投げかける人が多くみられた。

二度と同じような事故が繰り返されないことを、願うばかりだ。

・合わせて読みたい→「もっと勉強ができたなら」と高2男子が踏切内で自殺か 「夏休み明けの憂鬱」に警鐘も

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事の画像(1枚)